新作書き始めたー? 

新作書き始めたー!

何かやっぱりエロを書くのキッツいので、ちょっと普通の恋愛小説……いや、普通じゃないんだけど、ファンタジーコミコミの物語なんですけど、書き始めました。
驚くほどポンポン書けているので、このまま書き切りたいと思います! 久々に筆止まらねぇ!
ただ、多分そんなに長くないです。10万字行ければ良いかなーぐらい。下手したらそれ以下かもしれねーです。

ま、初めて書くのでその辺りは大目に見てもらうということで。

今はオネショタ状態ですが、プロローグなんで大丈夫……主人公は後で高校生になります。そして心配しなくてもエロはない。

大まかなあらすじとしては、天使の羽を拾うと願い事が叶うという『天使の住む町』で、天使の羽によって父を失った少年と、主人公にだけ本人であることを打ち明けた(?)天使との恋物語、という感じです。
なので、リアリティのある恋愛ものじゃないです。設定上はラノベかよ的な勢いはあります。まぁ元はギャルゲ企画で作ったものだし。予算の問題でノベルゲ出来なかったんだよ!!!!!

ただ、色々と生々しい話も入れていく予定なので、あんまり軽くならないよう気をつけるつもりです。
また、恋愛とは別に人間の幸福追求に関しても描きたいと思っていますので、失速するまでは頑張りますのでよろしくお願いします。

Pocket

伊岡瞬の代償を読みました!

最近読書してねーなー。とか思って適当に手に取った本なのですが。

伊岡瞬という作家さんの代償という本ですが、色々とエグいです!
人としてコイツ屑だな! っていう奴と生活したせいで人生を無茶苦茶にされた主人公が大人になって弁護士になった後、その男から殺人事件の弁護をしてくれないかという依頼が舞い込んでくる、というものですが、その本作の半分ほどが、過酷な子供時代の話で、キツかったです。

文章が読み辛いとか、物語がつまらないとかいう話ではなく(寧ろ良いです)、単純にストーリーの流れが、主人公が置かれる環境が辛すぎるので読むのが辛い。
その屑な男は達也と言いますが、相手を誘導して犯罪行為をさせておいて、自分は高みの見物、というパターンで色んな人の人生を狂わせていたのを楽しむようなタイプで、それで主人公の家と両親を失い(家族三人睡眠薬を飲まされ、母親は12歳の達也に陵辱されている)、主人公がそれとなく好意を持つことになった女子中学生を周りをけしかけ輪姦(自分は高みの見物?)やで、半端な十八禁作品よりエグいよ? って感じです(沈黙の森とかでも思ったけど、一般小説の方がエロ小説とかよりも数倍エグいし酷いと思います)

主人公の資産も達也の継母が殆ど使って、と行ったところで主人公の境遇を知った友人経由で助けられ、大学へ行き弁護士になった彼の元に、疎遠になった筈の達也が投獄されており、彼が主人公を指名し弁護人になってくれと言うのが後半です。
物語的、サスペンスミステリなのは主にこの部分なのですが、その子供時代で全体の半ページ費やしているので、割とあっさりしている感もあります。

が、中だるみがなく、サクサク展開が進んでいくのでその辺りは心地よくあります。ストーリー内容的には前半ほどではないですが、やっぱり辛いですが。
主人公が弁護人で、達也は勾留されている立場であり、主人公が立場的に有利……な筈なのに、この男はやはり屑で、そんな状態でも主人公を貶めます。自分が手を下さなくてもやりようはいくらでもあるって感じですね。怖い怖い。

結局、その事件自体には強力なアリバイが発見され釈放される形になるのですが、そもそも何故そんなアリバイがあったのに黙って捕まっていたのか? 理由があるに違いない、と主人公と友人とで調査をし、真相を突き止め、最後に達也が致命的に痛い目を見る、という流れです。まぁ死ななかったからヨカッタネ、ぐらいには酷い目にあっており、その辺りはスカッとしました。その後も彼の人生はもう明るくないのは明白でしたしね。

面白かったけど辛かった。というのが個人的な感想です。
こう、世間の荒波に揉まれて癒やしを求めたい勢を抉り殺すぐらいには内容はキッツいです。
ミステリーってどちらかと言うと主人公は第三者視点で、事件関係者は不幸だけど、一応自分の世界が犯罪者によって侵されることはなく、良くも悪くも安全地帯から調査等をして解決していく……。

そんな印象が強かったのですが、この作品の主人公はマジもんの当事者であり、被害者であり、その被害を実際に細かく描写されています。
そんな主人公が自分を不幸に陥れた男の弁護をしなきゃいけないっていう時点で空恐ろしいものです。

決してそこまでミステリを読み込んでいないので何とも言えませんが、自分が持っていたミステリの印象を覆された感じです。
覚悟があれば読んで良い一冊だと思いました。

Pocket